reading-global’s diary

日々過ごして気づいたこと、英語学習、読書についてのんびり書いていくブログ

短いこの季節を大切に

こんばんは、抹茶です

季節の変わり目にかぜをひいた今日この頃です😢

 

 

 

暑い夏が終わって、涼しい秋に突入。

季節の変わり目は、まだ寒さに体が適応できていなくて、体調を崩す人も多い…(もっぱら私のことです…)

 

 

日本には、春夏秋冬、四季があります。

 

 

春は桜が咲いて、花粉症の人には大変な時期…(タケノコ美味しい)

 

夏はもうとにかく暑い。

海に行く、花火、お祭りなどなど楽しい遊びとアイスクリームの季節。

 

秋は過ごしやすくご飯がとびきりおいしい。

 

 

冬は寒くてイルミネーションが綺麗。

 

 

 

日本で暮らしていると、四季があって季節が移り変わっていくことは当たり前だと感じます。

 

でも、海外では四季があるということはめずらしいこと。

 

 

乾季と雨季だけがある国、常に寒い国、乾燥して1年中暑い国などなど。

 

 

 

だから、日本にいるというだけで1年に4つもの季節を味わえるということはなかなか貴重なことなのかなと感じます😊

 

 

 

どの季節が好きか?

 

 

この質問をすると大抵の人が答えるのは…

 

秋です。

 

 

 

1年の内で1番過ごしやすい季節、ご飯が美味しいからなどなどの理由からそう答える人が多いです(私は以前は夏が1番好きだったけれど、暑すぎて秋が好きになりました)

 

 

秋は新米が食べられたり、栗にサンマを味わえたり(年々値段が高くなっていって手が出せない😢)柿などおいしいものがたくさん。

 

 

そして1番は暑すぎず寒すぎない過ごしやすい気候であるということが秋の魅力かなと感じます😊

 

 

強烈な暑さになる夏が終わって、寒い冬が始まるまでの少しの間(年々、秋が短くなっていると感じるのは私だけだろうか…)

 

 

それが秋、そしてまさに今。

 

 

 

短い秋だけれど、美味しい秋を存分に楽しんでスポーツをして読書もして楽しみたいものです😊