reading-global’s diary

日々過ごして気づいたこと、英語学習、読書についてのんびり書いていくブログ

完璧な人間はいないのだから。

こんばんは、抹茶です

人と自分を比べてしまって落ち込む今日この頃です💦

 

 

やっぱり、人間って無意識的にも意識的にも他人と自分を比べてしまうのではないかと思います…

 

何があったかというと、ある活動をする上で私の友人は行動力もあり、とにかく行動が早い(連絡の返しもいつもとにかく早い、素晴らしい…)

 

 

でも、反対に私はマイペースでゆっくり順序良くやっていきたくて行動が遅め。

 

だから、友人と比べるとどうしても遅れをとっていると思ってしまうし、どんどん前へ進んでいく友人に待ってーと焦りが出ます(実際に私が遅いのだけれど)

 

どう考えても行動が遅い自分が悪いのではと感じます。

 

 

なぜ私の行動は遅いのか?

 

向き合ってみると、行動に移す前によく考える、文や言い回しを考えるからだと気づきました。

これはよく考えて行動する=慎重、失敗しにくいという長所ではあると思います。

 

でも、短所としては考えすぎてなかなか行動に移せない=チャンスを逃しているかもしれないということが挙げられます。

 

では、少しでも行動を早くするには?

考えすぎない、そのためには誰かに意見を聞いてみる。

自分が本当にやりたいと思うことに耳を傾けることかなと考えました。

 

よく考えてみると私は人に頼ることが得意ではない。

どこまで頼ってもいいのか、と思うからです(頼り過ぎもだめだし、1人で悩み過ぎも避けたい、境界線が難しいものです😢)

 

こんなふうにして少しでも自分の弱いところを改善したいと思います。

長所を伸ばすことはもちろんだけれど弱みを少しでもカバーしたいものです😊

 

そして、最後に完璧な人間はいない。

だから、決して人と比べて落ち込み過ぎることはない。

 

この言葉を今の私と呼んでくださっている方に送ります。

 

比べてしまうこともあるけれど、完璧な人間はいないのだから☆